カードローンの融資には助けられています
カードローンの融資には助けられています

住宅ローンの融資をうける

正直にいってしまいますと、わたしの夫は給料が低いのです。そんなに給料が低い夫だとは知らなく結婚してしまったわたしは、子供を出産して専業主婦として生活しておりますが日々の暮らしでいっぱいいっぱい。とてもじゃありませんが自分の家などかえるなんておもってもいませんでした。それがある日のこと、夫の両親が少し援助をしてやるから自分達の家をたてなさいと後押ししてくれたのでした。夢にもおもっていなかったことで、まさか自分の人生で家を購入することができるだなんてもう嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。半分ほどは援助をしてくれることになり、もう半分は夫に銀行からローンの融資をうけて購入しようという話しになったのですが、給料の少ない夫で住宅ローンの申請は降りるのかいなか…。多少不安ではありましたが、無事にローンの審査もおりましたのでこのたび家の設計に着工できることとなりました。もっともっと夫の給料がたかければそんなにお金のことで思い悩む必要もなかったのですがこればかりは仕方ありませんよね。いまはこれから始まる住宅ローンの支払いを少しでも早く完済できるようにとつとめるばかりですが、果たしてどの程度かかるのでしょうか。いっそのこと宝くじでもドカーンとあたってすっきり借金ともおさらばできればいいのですが、そんなうまい話なんてないわけです。地道に頑張るしかないのでしょうか、マイホームに住めるという幸せを感じてがんばっていきます。

関連キーワード

Copyright (C)2017カードローンの融資には助けられています.All rights reserved.